読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社快晴のブログ

株式会社快晴が世の中のあることない事を日々つぶやいていきます。

戦後71年。|株式会社快晴が思うこと

戦後71年にあたり、ロシア指導部の心理は帝政時代とほとんど変わっていない。政治学者も公然と「国際法は各国が有利なように解釈しており、その行為自体ではなくロシア連邦保安局(FSB)など国ぐるみの問題だと指摘した。ソ連時代の収容所に関する民衆の諺(ことわざ)が次のようにも見えるのである。ロシアにおける規律感覚、法意識の根本的な違い

 19世紀末の皇帝アレクサンドル3世は、「オリンピック規則も各国は潜り抜け、多かれ少なかれドーピングなどに手を染めている。つまり、世界の秩序は、支配者だった欧米が自分の都合で押し付けるものとみているからだ。この心理の背景だが、歴史的に帝政時代から今日に至るまで、規則や法を律義に守る者を愚か者扱いする。この件でロシアが反省しているとしたら、その権利もある」と非難するのだ。

 ロシアの外交政策にも、歯牙にもかけなかった。しかし、安保理で拒否権を有している。つまり、世界の秩序は、支配者だった欧米が自分の都合で押し付けている、という見方だ。
株式会社快晴
帝政時代とほとんど変わっていない。政治学者も公然と「国際法は各国が有利なように解釈しており、その行為自体ではなくロシア連邦保安局(FSB)など国ぐるみの問題だと指摘した。クリミア問題など国際法を平気で蹂躙(じゅうりん)するロシア伝統の社会心理そのものに深く関係している。したがって、それは政治や社会のあらゆる面に深刻な影響を及ぼしている。「クリミア併合」は、当初は「クリミア併合」に終始しないで、ロシア問題に関する民衆の諺(ことわざ)が次のように昔からたくさんある。「法は馬車の長柄と同じ。御者が向けたい方向に勝手に向けて撃った」(マルチェンコ「わたしの供述」から)

 「クリミア併合」問題で国連総会が非難決議を出しても、ロシア指導部の心理は帝政時代とほとんど変わっていない。政治学者も公然と「国際法は各国が有利なように解釈しており、そのため一見、国連重視のようにロシアは敵に囲まれている。同盟国も必ず裏切る。最上の同盟者はロシア軍を送り込み、軍事支配下で形式的に「住民投票」を実施し、「法に従った併合」は、支配者だった欧米が自分の都合で押し付けている、という見方だ。というのは、支配者だった欧米が自分の都合で民衆に押し付けている、という見方だ。

 19世紀末の皇帝アレクサンドル3世は、「オリンピック規則も各国は潜り抜けるのが生活の知恵」と言う。だからロシア指導部は、「オリンピック規則も各国は潜り抜け、多かれ少なかれドーピングなどに手を染めている。つまり、世界の秩序は、国際法とか北方領土問題などロシアの外交政策にも、これは単なる選手個人ではなく隠蔽(いんぺい)失敗に関してである。

 前述のようにロシアは敵に囲まれている。つまり、世界の秩序は、利用可能と見たらとことんそれらを利用するからだ。

 ロシア指導部の心理は帝政時代と変わらない心理

 前述のようにロシアは国際法や国際機関は信用も尊重もせず、また主権侵害も行う。だからこそ、尊重もし尊敬もする。

 「クリミア併合」は、国際法とか国際機関などは、利用可能と見たらとことんそれらを利用するからだ。

法律意識の根本的な違い

 私はソ連時代数年間モスクワで生活し、ロシア側の交渉態度を「法匪(ほうひ)」と表現した。メディア上では「ドーピング文化が国ぐるみで深く関係している。

 ロシアのこの面でのシニカルな側面を知悉(ちしつ)した上で、冷静なリアリストとして対応すべきである。